AGAの治療はできるだけ早い方が効果も上がります。遅れて薄毛が進む前に!

実はAGA治療を受ける人ってとても増えています。前と違って専門のクリニックが増えてきているのもありますが、やはり治療薬で治ることが多いということを知られてきたからでしょう。AGAの最初の治療は薬なのでどんな種類の薬があるのか知ってみてはいかがですか?

*

AGAって本当に薬で治るのか?プロペシアとミノキシジルの効果の違いはなに?

年代に関係なく、少しずつ髪の毛が薄くなっていく症状をAGAや男性型脱毛症と呼びますが、その1番の原因は男性ホルモンのDHT(ジヒドロテストステロン)と呼ばれる物質が問題の箇所で、高濃度に発生するのが原因と言われています。

DHTは男性ホルモンのテストステロンと、毛乳頭細胞に存在する物質を変換させる5α還元酵素が結びつくことで生成され、男性ホルモン受容体に結合することで髪の毛の成長を阻害し、抜けやすくすることで頭髪が薄くなっていきます。

AGAの治療で使われているプロペシアとミノキシジルはどのような薬なのか?

プロペシアにはどんな効果があるのか

プロペシアは日本でも認可されている内服薬で、有効成分をフィナステリドとした5α還元酵素阻害薬に分類されています。

DHTの生成に関わる5α還元酵素の働きを阻害することで、原因物質を減少させる効果を持ち、この抑制作用によって抜け毛の症状を改善する働きを持っています。「飲む育毛剤」などと言われていますが、プロペシア自体に育毛効果はなく、原因を抑えることでAGAの症状を抑える、あるいは止めるという効果を持っています。

ただし、1度飲んだだけでは十分な効果は発揮されず、毎日のように継続して飲み続けることが重要となっています。

ミノキシジルにはどんな効果があるのか

ミノキシジルは製品名ではなく、育毛剤などに含まれる医薬品成分の名称で、数十年も前から使用されてきた歴史があります。

当初は、高血圧症の治療薬として開発されたものでしたが、全身の体毛が濃くなる作用が発見されたことから、AGA治療薬に転用された成分です。

育毛剤などの外用薬として使用されていることが多いですが、一部では内服薬として飲み薬で販売されていることもあります。ミノキシジルには発毛促進の作用があるのですが、その作用の仕組みに至っては未だに解明されていない点が多く、安全性が確立されないためか、日本では育毛剤などの外用薬としてのみ販売が認められています。

ミノキシジルそのものに治療という効果はなく、あくまでも毛髪の成長を促進させるだけの効果しか認められません。

プロペシアとミノキシジルは併用可能

プロペシアとミノキシジルの治療薬は、どちらを使用してもAGAそのものを治療するということはできず、原因を抑えるか髪の毛の成長を促すしか効果はありません。

しかし、プロペシアとミノキシジルは、お互いに干渉することなく頭髪に良い影響を与える治療薬で、併用することでそれぞれの特性を発揮して、症状が発生する前の髪の毛を取り戻せるようになります。適切な治療を行うことで、昔のフサフサな頭髪を取り戻す事は可能なため、諦めずに根気よく続けることが大切です。

公開日: